GoogleMapを商用利用するためには

GoogleMapを商用利用するためには一定の許可を得る必要があります。

著作権に引っかかってしまっては訴えられてからだと遅いです。
十分な証拠が揃っていないことから敗訴必至です。


そうならないために著作権対策をしましょう。具体的には利用しているということをブログに載せるのが重要です。

一応完成したらおかしくないか第三者で分かる人にチェックしてもらう必要があります。自分で大丈夫と思ってもそれは独りよがりであることが多々あります。


特許に詳しい人に見てお墨付きをもらえれば商用利用してオッケーでしょう。GoogleMapを商用利用するだけならそこまでの広範囲は必要ありません。

GoogleMapの商用利用の珍しい情報をご紹介しています。

あくまで自身の店舗がある周辺何キロメートルに区切って反映させれば良いだけなので、Mapを見ずとも分かる最寄り駅まで徒歩何分かなど代表的なアクセス方法は文字に起こしておいた方が利用者にとっては親切です。

地図を見ようにもそれだけで分かる人はまずいなく、縮小・拡大したりドラッグして周りの位置関係を確認した上で建物の場所を把握しなければなりません。

よほど精通した人出ない限り手間がかかりますので、GoogleMapといえども万能ではないのです。



また、その時点でのGoogleMapがどれくらい前の写真や地図を元にしているのか調べて置いた方が良いです。



頻繁に更新をかけているところとそうでないところがあるので、お客さんからクレームが入る可能性があります。

そういった可能性が考えられるのであればあらかじめ注意書きをしておきましょう。